フォーサイトクリエイションではホームページの無料診断を実施中です。
ホームページの課題は自分たちではなかなか見つけられない、気付けないものです。
本記事では、私たちが行うホームページ診断の方法の一部ですが紹介させて頂きます。

ホームページ制作実績紹介 | フォーサイトクリエイション

フォーサイトクリエイションのコーポレートサイト、ECサイト、ブランドサイト、採用サイトなどのホームページやウェブシステム開発の実績をご紹介します。

フォーサイトクリエイションのホームページ診断

デザイン・コンテンツ・ユーザビリティ・SEOという4つのカテゴリーで診断を行い、分かりやすくABCDの4段階で評価しています。
それぞれどの様な観点から評価するかをご紹介します。

デザイン


Wordpress一つとっても、優れたテーマやテンプレートがあり、簡単に見た目のよいサイト制作が可能になりました。
しかし、見た目が良くてもユーザーにとって良いサイトとは限りません。
「私は良いデザインだと思うのだけど…実際はどうなんだろう」という不安をお持ちの方にぜひおすすめしたい診断です。

・ターゲットのユーザーにとって分かりやすいデザインになっているか
・意味のあるデザインになっているか
・独りよがりなデザインになっていないか
・コンセプトに合ったデザインになっているか
・独自性を表せるデザインになっているか

などを軸に評価します。

コンテンツ


自分たちの良さや強み、他社との違いを見せるためにはその企業、店舗、サービス、商品に合ったコンテンツを用意しなくてはなりません。
そしてもちろんその中身も重要です。また、ユーザーが求めている情報をしっかり出せているかという点でもしっかりと評価します。

・ターゲットの欲しい情報が網羅されているか
・自分たちの強みを伝えられているか
・独りよがりな情報を発信していなか
・ターゲットが満足し、選択するという流れが確立できているか
・他社との違いをしっかりとアピールできているか

などを軸に評価していきます。

ユーザビリティ


ひと昔前は、インターネットは若者のツールでした。しかし今や老若男女問わず様々な方が様々な端末からインターネットへアクセスしています。
そのため、レスポンシブデザイン(閲覧ユーザーが使用するデバイスの画面サイズに応じて表示を最適化するデザイン)が主流になっています。
しかし、現在はそれだけでは最適な体験をユーザーに提供することができません。
ユーザビリティ評価では、ターゲットに合ったユーザビリティが提供できているかという視点で評価をしていきます。

・ターゲット視点での導線が確保できているか
・色使いやフォントは最適化
・端末ごとの使いやすさに問題はないか
・アクションに繋げる要素が分かりやすいか

などを評価していきます。

SEO


SEOはコーディングや構成など、技術的な対応はある程度定型化されてしまっており、技術面だけでは差がつかなくなってきています。
今や上述したデザインやコンテンツ、ユーザビリティそしてページ構成(コーディング)を総合的に評価するようになっています。
そのため、SEOの評価では技術面だけでなく他視点から評価を行っています。

・ページ構成に問題はないか
・タイトル、見出しと本文内容がしっかりとリンクしているか
・更新コンテンツが充実しているか
・構造化データを上手く活かせているか
・SEOターゲットキーワードが的確か

などを評価します。

ぜひお申込み下さい

この様に、多くの観点での評価を行っています。
サイトごとに最適な観点からの評価を行っておりますので、ここに記載していない観点での評価もさせて頂きます。
サイトの種類も、コーポレートサイト、ECサイト、ブランドサイト、採用サイトどの様なサイトでも診断可能です。
無料で行っていますので、少しでも気になる方はぜひお申込み下さい。

お申し込みはこちら

大阪のホームページ制作ならフォーサイトクリエイションへ

監修者情報

 

株式会社フォーサイトクリエイション

代表取締役 村田 雅利

大学卒業後、大手スポーツメーカーの営業としてトップの売上実績を残し、もっと営業スキルを磨くために転職した広告代理店でも年間売上数十億円と売上に貢献。そして広告をもっと深く知るために、事業モデルの構築や土地開発から関われる商業施設のプロデュース及び集客コンサルティング会社に転職。そこでは年間数億円の広告予算を預かり、広告戦略を組み立て売上拡大に貢献。その後、大手制作会社の取締役と集客コンサルティング業務の両立を経て、現在の株式会社フォーサイトクリエイションを設立。 本物のデザインを提供し、業種を問わず様々なクライアントの課題や目的に対してコンサルティングとデザインで企業の成長に貢献している。